アイマスク・車いす体験

10月3日(木)の5・6時間目に、4年生がアイマスク体験・車いす体験を行いました。

4年生は1学期に認知症の学習を、2学期にも国語で「誰もが関わり合えるように」という単元で福祉についての学習を行っていました。そして今回、実際に体を動かしての体験を行うことができました。

まず5時間目に車いす体験を、体育館の中に作ったコースを、乗る人・押す人・監督する人の3人組になって周りました。なかなか前に進めずに苦労した班もいました。6時間目にはアイマスク体験として階段を介助に従って上り下りを行ったり、教室でクロックポジションを利用しての紙コップの位置を確認することなどを行いました。

実際に体を使うことで、さらに福祉への理解度が深まりました。今後も続けて学習を行い、自分たちの生活の中でも意識していってほしいと思います。

kurumaisu